東京日野市高幡不動駅近くで鍼灸による肩こり・腰痛・めまい・自律神経失調の緩和なら森風堂治療院

外来診療時間:月・火・木・金 13:00〜19:00 / 土 10:00~18:00
休診日:水・日・祝日

ブログ・お知らせ

初めてのお伊勢参り

2021年1月28日
2020年1月中旬、初めて伊勢神宮に行くことができました。周辺はお正月の交通規制期間中で、たくさんの人出でした。例年の状況と比べてどうなのかは分かりませんが、令和になって初めてのお正月、まだ新型コロナウイルス騒動が始まる前でしたので、おそらく参拝者は例年より多かったのではと想像します。

一日目は外宮、二日目は内宮、三日目は日の出前に再度内宮を参拝しました。うっそうとした常緑樹の森のなかに、玉砂利の道で結ばれた白木の社が多数点在。他の神社にはない空間でした。そこに身をおくだけで貴重な体験です。しかし、人が溢れているのは興ざめです。神域の霊気を味わうことに集中できません。目的にもよりますが、日の出前の時間から参拝するのがおススメです。

「二礼、二拍手、一礼」が参拝のし方とされていますが、それは神様を閉じ込めると聞いていたことを思い出しました。崩した形で参拝してみました。また、祈祷を受けたときに、神官が祝詞を奏上する際どのようにするかに注目してみました。「二礼、二拍手、一礼」では神様とつながらないことが確認できました。

伊勢市駅近くの土産物店で、地元の複数の銘柄をセットにした日本酒の立ち飲みコーナーに出くわしました。そのなかの「而今」に目がとまりました。而今を知っていることを思い出しました。三重県の酒だったのかと再認識。
実は、昨年ある宴会で、宴が深まったころに店主のとっておきの日本酒とのふれこみで而今を飲む機会がありました。旨いと思いました。お猪口で一杯飲んでから、他の銘柄を飲み比べているうちに、而今の徳利は手元を離れ、さらに飲もうとしたときには、而今はもうないとのこと。私は、一期一会で旨いと思ったり思わなかったりするだけで、銘柄に詳しくも、こだわりもないのですが、今お話したようないきさつがあったうえに、而今という銘柄名が風変わりだったので覚えていたのでした。
車で移動していたため、そのコーナーで飲むことはできません。買って帰りたいと思いましたが、持ち帰れるものは置いてありませんでした。宿泊したホテルでも、おはらい町通りの酒店でも、どこにも置いてありませんでした。話を聞くと、而今は営業店への流通が中心で、消費者として手に入れるのは難しいようです。今回の伊勢路の旅では而今を賞味する機会に恵まれませんでした。而今との再会を楽しみにします。

ご予約
お問合せ
ページ
最上部へ
TOP
PAGE